カードローンで浪費を防ぐためには

カードローンが財布に入っていると、お金がないときでも買い物できてしまうので便利です。
その反面、ついついお金を借りてしまい、気がついたら相当額になっていた、なんて経験をお持ちの方は多いでしょう。
カードローンは即日融資可能であり、繰り返し融資を受けやすいというメリットがあるのですが、これが浪費につながってしまうのです。
2万円くらいならば大した金額ではないと思っていても、10回借りれば20万円になってしまうでしょう。
月に2回、2万円を借りれば半年後には24万円になってしまうのです。
人間はお金を使うことには慣れていますので、あまり使った実感はなくとも、しっかりと使っているものなのです。
こんなに使った覚えはないのに、もうお小遣いがない、なんて経験はあるでしょう。
浪費を防ぐための心構えは、カードをたくさん持たないことが大切です。
お手持ちのカードは1枚が理想的で、2枚が普通、3枚になると多いと考えてください。

 

多くとも2枚、なるべく1枚に抑えたいので、複数の会社から借りている方は、1社にまとめる必要もあるでしょう。
そのためには、おまとめや一本化のための即日融資が役立ちますが、それ以外の選択肢として追加融資もあります。
今よりも低金利ローンを見つけることができれば、そのまま乗り換えるのもいいでしょう。
しかし、必ずしも審査に通るとは限りませんので、現契約中の会社と交渉して、利用枠を増枠してもらうのも手です。
遅れることなく返済していれば、業者側も柔軟に対応してくれるものです。
低金利の業者に乗り換えようと考えていると伝えれば、その業者よりも金利を引き下げて追加融資してくれる可能性もあります。
浪費の仕組みは非常にシンプルで、簡単に借りられる状況になっているからです。
カードをたくさん所有している方ほど、浪費しやすい傾向にあるのはわかっています。

 

1社から希望額を借りることができれば、他社から借りる必要はありませんね。
浪費を防ぐためには、簡単には借りられない状況に導くのがいいので、カードは1枚に抑えるのです。
そのうえで、限度額を減らしていくという方法もおすすめです。
現在、100万円の限度額があり、ギリギリまで融資を受けている方ならば、20万円返済して元金が80万円になった時点で、限度枠を80万円に減らしてもらうのもいいでしょう。
限度枠を減らすことで、枠を超えた借り入れはできなくなるので、使いすぎを防止できるのです。
いちどでもローンを利用したことがある方ならば、ご自身のお金の使い方は知っているはずです。
手元にあればすべて使わないと気がすまない、お金を節約するのが苦手、返済した直後にまた借りてしまう、などなど。
新しいローン契約をするときは、ご自身のお金の使い方を反映させていく必要があります。
ついついムダ使いしてしまう方は、限度額が小さい即日融資カードローンを利用するという方法もあります。
例えば、限度額20万円固定のローンならば、20万円までしか借りることはできないのです。